織田フィールド

 織田フィールドは、学生を中心としたトラックランナーの聖地。皇居のランナーと違い、短距離練習、競歩、インターバルと多種多様な練習が行われている。水曜日は無料開放されているので、それに合わせて、高校生、大学生の陸上部が、暑く練習している。その姿は、競技者の姿で、神々しい。

 それもそのはずで、その名を冠する織田幹雄は、日本人初のオリンピックゴールドメダリストだそうで、パリオリンピック(1924)から出場し、アムステルダムオリンピック(1928)で三段跳びで金メダルを獲得した。その時の記録、15m21cm。その後彼は、15m58cmの世界記録も樹立。ちなみに、三段跳びという競技名の命名者でもある。その偉業をたたえ、織田フィールドの名が送られたということです。(Wikipediaから)

 

代々木公園陸上競技場(織田フィールド)

150-0041 東京都渋谷区神南2-3-1
03-5478-0714

無料のロッカーとシャワー(水のみ)が利用できます。