天城山合宿

 2009-11-13(土)から14(日)にかけて、天城山で合宿を行ないました。合宿会場は、伊豆・天城高原の別荘地。そこにあるグループ会社の保養所を基地に、高地トレーニング?を行ないました。

 伊東の駅に集合し、宿からの迎のバスで天城山荘へ向かう。1000メートルを登って行くと、すっかり秋も深まった林間に山荘が点在している中に、今日の宿があった。早速着替えて、走りに出る。

 

 どこをどう走っても、坂ばかり。ベゴニアガーデンに向かって下って、別荘が点在する紅葉の中をゆっくりとジョグをする。秋の風が気持ち良い。途中なんども、林間に鹿が走っていくのを目撃。自然の豊かさを感じる。ベゴニアガーデンで、しばし休息し、宿に戻る。

 

 夜は、宿の自慢の料理で、大人の給水。深夜までマラソン談義に花が咲きました。

 

 

 さて、ふと、「伊東まで走ってくだろうかな?」という言葉を発したら、それが現実になるとは。

 天城山荘から伊東まで20キロ。標高差1000メートルの下りコース。それだけ考えれば、「走れるじゃん」っていう反応は普通と思うのが、ちょっと変化な?

 

 ということで、朝食後早々に玄関に自走降下部隊4名が集合し、みんなに見送られて出発。肌寒い高原を下り始める。播州でも山は初冬。吹き抜ける風が冷たくて、ちょっと公開するけど、下りの道に足が前に出る。スピードを上げすぎないように気をつけながら下って行くと、秋の海のはるか向こうに富士山がそびえている。その姿にしばし休憩をとりながら見とれる。

 

 ひたすら下りの道をキロ5分でペースメーク。やがて、ボチボチと民家が現れはじめる。トイレ休憩によったコンビニで、後発の機械化部隊と合流。1名が収容されるが残り3名はさらに自走して伊東市内に。

 

 集合場所は、これもまた歴史のある東海館という温泉旅館だったところ。現在は記念館として公開されているが、お風呂には入ることができる。そこに荷物を預け、今度は全員で伊東市内の海岸を10キロのジョグ。干物街道を走ったり、土産物屋で味噌汁のサービスを受けたり。その後、東海館で入浴、大人の給食と、ジョグ満喫の合宿でした。