published 2010 フライデーナイト・リレーマラソン

 フライデーナイト・リレーマラソンが2010-10-22の午後7時から翌日の午前7時まで、国立競技場で行われます。ケセラーズからも登録しています。

 

 さて、夜通し、走るケセラーズのランナーを応援に来ませんか? 夜の国立で夜を明かすのも楽しいかも。それに、夜通し走るランナーに愛の差し入れも、大歓迎です。国立競技場内の回廊部分にテントを設営していますので、ゼッケン600番のケ・セラ・セランナーズをぜひ、探してください。

 

 フライデーナイト・リレーマラソンのサイト→http://friday-night-relay.jp/index.shtml

 

 

大会報告

 大会報告はこちらから

 

 

大久保清彦さんからのうれしい伝言です!

 

フライデーナイト・リレーマラソン参加の皆さん!!

MYコップ、MY箸&スプーンを持参ください!!

夕食、夜食、朝食:
自家製おでん、おにぎり、ロールパン、カップスープ
味噌汁、コーヒー、紅茶、バナナ、チョコレート、おつまみ各種 準備します。


テントスペースに
ドームテント(4-6人)、寝袋*3 ブランケット2-3枚
持っていきます。

 

大塚製薬様より差入れ
 アミノバリュー、ジェルブレ
大鵬薬品さまより差入れ
 チオビタ
キヤノンMJ様より差入れ
 キリンラガービール


12h、楽しんじゃいましょう!!

 コース周辺の見取り図です。

 

 競技場へのアクセスは、スタート後(19:00)選手&応援者出入り口は、代々木門となります。テントスペースは、青山門周辺のようです。ゼッケン600番のブースがテントベースに設置されているはずですので、来場されたら、まず、そちらにいらして下さい。

 

 

応援に来てくださる方は、コメントをつけておいてください。

コメント: 4 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    タッキー幹事長 (土曜日, 16 10月 2010 20:37)

    今のところレース参加者は12~13名のようですが、初めての本格ナイトマラソンですので、夜中が心配です。
    冷やかし半分の視察も大歓迎ですので、走るのは勘弁の人でも時間があったら覗いてね~

  • #2

    きよchan@企画部 (月曜日, 18 10月 2010 13:14)

    応援入場&飛び入り参加する際は、
    代々木門が出入口となりますので、御注意ください!!
    又、テントスペースは、青山門周辺です!
    応援&差し入れ、楽しみに待ってまぁ==すぅ!
    【ランナー紹介】
    1.瀧花幹事長
    2.雨宮会長
    3.大谷事務局長
    4.瓦林IT部長
    5.小山さん
    6.日下部さん
    7.藤田さん
    8.藤田さんの友人
    9.浅沼さん
    10.いちごちゃん
    11.パピちゃん
    12.7nekoちゃん
    13.きよchan
    14.西島さん(日帰り)
    15.加藤さん(日帰り)

  • #3

    鎌田実紀 (水曜日, 20 10月 2010 22:29)

    22時ごろ応援に行きます。
    頑張ってくださいね。

  • #4

    河合郁子(ジャンヌ) (金曜日, 22 10月 2010 10:12)

    時間が遅くなりますが、24時頃応援に参ります。

大会報告

 12時間のリレーマラソンは、結構過激な大会でした。もっとのんびりと走っているのかと思っていましたが、大勢のランナーがかなりのスピードで走っていました。特に、10時までの3時間コースのランナーが大勢いたので、リレーゾーンはごった返していた。ちょっとしたお祭り騒ぎ。でも、10時が過ぎると、なんとなく、会場が閑散とし、走っているランナーもまばらになってきた。ここからが、12時間マラソンの始まりだった。

 

 国立競技場のトラックを走り、一旦、グランドの外に出て、スロープを登って回廊を1周して再びスロープを降りてトラックに戻ってくる1.4キロのコースが設定されていて、夜間でも照明があって走りやすい。回廊の下、青山門川にテントスペースが設置してあり、正門側にはスープやヌードル、ホットドッグなどを提供するスペースがある。メインスタンド前に、ゴールアーチが設置してあって、そこから100メートルくらい先の直線が終わる辺りにリレーゾーンが設置されて、バトンがわりのタスキをリレーする。タスキにチップが縫いつけてあって、周回数とタイムは自動計測されて、国立競技場の電光掲示板にリアルタイムで、順位が表示されている。

 

 ケセラチームは、19番の柱の裏側にテントスペースをもらって、大久保さんがテントや寝袋など、色々と準備をしてくださった。噂のきよchanおでんをはじめ、沢山の差し入れをしていただいて、豊かなテント生活でした。

 

 夜半までは、多くのランナーで1周ごとにタスキをつないでいたが、寝る人あり、帰る人ありで、2時からはおじさん4人で2時間を走った。休憩を取るために、2周ごとに交代して走ったが、この時間帯は他のチームも苦しかったようで、ちょっと頑張れば、順位が上がっていく。それに刺激されて、この深夜に走っていると思えない高速ランでタスキを繋ぎ、50位からドンドンと順位を上げて、最高31位までの大躍進。しかし、2時間を経過する辺りから、さすがに激走のための疲労が蓄積し、かなりつらくなってきた。1周ごとに切り替えたが、今度は順番がすぐに回ってきて、それはそれで辛かった。

 

 朝が近づいてきて、起きだしてくるランナーや、朝に差し入れに来てくれた鎌田姉妹などもランナーに加えて、フレッシュな人たちで、明るくなってきた国立の朝を走りきった。

 

 最終順位35位は、まずまず良い成績ではなかったでしょうか。

 

 思いのほか、激走のフライデーナイト・リレーマラソン。順位を上げる高揚感もあり、差し入れも美味しかったし、朝日は眩しかったしで、楽しい大会でした。

 

 

 写真は、タッキーブログから頂きました。

 

 コメントがあれば、下に書き込んでください。