published 2010-10-24 グリーンリボン・ランニング・フェスティバル

 臓器移植を広く知ってもらうためのグリーンリボンキャンペーンの一環として、国立競技場で、グリーンリボン・ランニング・フェスティバルが開催された。ケセラーズも、いつものように集結。実は、この週末、金曜の夜から土曜の朝までの12時間、国立競技場でフライデーナイト・リレーマラソンを走ったばかり。その国立に朝日と共にまた訪れた。

 

 開会式、谷川真理さんのストレッチ、そして、ランナーによるバルーンセレモニ。ドナー(臓器提供者)の方に感謝を込めて、みんなで風船を飛ばしました。この風船の数だけ、ドナーの方がレシピエントの命を助けたのだと思うと、なんだか、この数が多いようにみえるけど、まだまだ、たくさん必要だと感じました。

 

 コースは、国立競技場のグランドを半周して、競技場外に出てまず周囲を1周し1キロ、そこから神宮外苑を回ってくる約3キロのコースを3周というデザインで10キロを走りました。国立競技場の周りは坂が結構あるので、アップダウンで刺激を入れつつの大会でした。

 

 3周って長いかなと思ったけれど、意外にスムーズに走ることが出来て、晩秋の神宮外苑、紅葉はまだしてなかったけど、銀杏並木を抜けるレースは気持ちが良かったです。

 

 ケセラーズもそれぞれのレースを堪能したようで、浜松町の中華料理店で大人の給水と、ラン後のカードローディングをしました。

 コメント、ぜひ書き込んでください。