published 2010-11-28 つくばマラソン

 つくばマラソンの距離表示がネットにアップされていました。あまりに面白すぎるので、ここにおいておきます。

 つくばマラソン2010に参加された方は、ぜひ、コメントを記録してください。

 

 

距離表示
つくばマラソンの距離表示は、もう、おもしろすぎる。
2010_message.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 944.2 KB

コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    piroshi (木曜日, 02 12月 2010 13:07)

     本日は、快晴の中つくばの町を走ってきました~! 初めて参加の大会
    なので、多摩川クラブの陣地にケセラのメンバーと一緒に陣取りました~!
     沢山のアミ神奈ケセラのメンバーと三井チームとスタート前に会い、
    お互いの健闘を祈りながらの楽しい大会でした~!

     Bブロックスタートで、ストレスなくスタートして故障もあり㌔5分30秒の
    多摩クラメンバーと楽しくおしゃべりしながら走りだしました。最初の5kは
    紅葉のつくば大学校内と先端研究所が有る研究都市をきょろきょろしながら
    楽しく走りました。 その後、延々と続く畑の側の道を15キロまで走ると
    その地点で一人が棄権、一人がトイレ脱落、一人が足痛(靴の中に手袋が入って
    いたと40kで気が付く)でゆっくりペースに成り17㌔からは、一人旅に
    成ってしまいました~。

     何とか、第一折り返し仲間を見つけ声をかけながら28kmまでくると、
    カオルンにサクッと抜かれしばらく5キロ付いて行くも、引き離されてしま
    いました。そのあとはテンション下げ下げで走っていると、最後の難所の
    坂道手前で、nagちゃんとミリアムさんの応援で思わず涙をこらえながら
    の35キロ通過でした。汗!
     
     その後は、㌔6分がやっとでヘロヘロでしたが、最後の最後にパピちゃんと
    いちごちゃんの応援が有りこみ上げる涙をこらえ、(残念ながら三井美女軍団の
    応援は見過ごしてしまいました)、トラックに入る時に時計を見るとまだ、
    PBが狙える事に気づき必死のパッチモードで400mを劇走しました。

     何とか昨年の湘南以来26秒PB更新出来ホッとしました~! せっかく
    ケセラの応援団旗を作ってくれていたのに~、サトチーノさんよこやんさん
    ごめんなさ~い!m(__)m 
     着替えて、帰りのバス乗り場に向かうと、カオルンとまさまさちゃんと
    ばったり会って一緒に帰りました。(バスの中では、4人で今日の走りを熱く
    語り合いながら)

     東京に着くと、既に一時間前から大人の給水を始めていたサブ4のイケ面達
    と、美女応援団達に合流しました。皆さんPB更新と言う事で楽しく
    ウーロンハイを5~6杯とキンピラさん手作り生レモンハイのんで気持ちよく
    帰宅しました~! 
     その後の記憶は、ほとんど無いので良く覚えていませんが
    一人で今日一日報告を大きな声で騒いでいたみたいです~!汗! 
     今朝は、朝から説教されました~!笑!(*^^)v

    27'55" 心拍152
    27'33" 心拍156
    27'16" 心拍158
    26'44" 心拍161
    27'56" 心拍162
    27'36" 心拍165
    29'10" 心拍166
    29'14" 心拍160
    まだまだ練習不足でした~!30km過ぎからが問題です!

     コースは、ほとんど平坦で走りやすい、一か所だけ高架に成っている橋が
    坂道ですがそれ程では、ありませんでした。 二か所の折り返しが有るので、
    メンバーを応援しながら走れるの、大会運営も給水も確りとしている楽しく
    走れる良い大会でした。
    でした。

  • #2

    今井良治(もひちん) (木曜日, 02 12月 2010 22:26)

    快晴のつくばマラソン。
    2度目のフルで、チンピラさんと仲良サブ4達成しました(3:55:50)。
    30キロまでキロ5:30で行こうと決めてスタートし、そこまでは予定通りでしたが、34キロ付近で心が折れてしまい、35キロ付近サトチーノ、よこやんの私設エイドもパスしてしまいました。すみません。
    心折れた34キロ付近で「もう、いいかー」と緩んだら、キロ6:20迄落ちて超ビビリ、ここから必死で35キロ~ラストをキロ5:42で走りました。この粘りがオクラン効果でしょうか!?
    暑かったですが、フラットで記録を狙いやすいコースだと思います。
    6分遅れのEブロックスタートでは、4時間ペーサーに着いたせいもあるでしょうが、35キロまで殆ど団子状態でした。エントリーの際は、持ちタイム少なめの申告が良いかも。
    駅からの有料バス(パスモ等不可)の混雑、猫の手さんが指摘していた大学構内5センチほどの段差、一般道の轍、対面交通の1車線のみ使用等は、ちょっと気になるところです。
    終了後は、八重洲でPIROSHIさん、BABOLATさん、Kaorun、まさまさ&三井チームで、お互いの怪走を讃え合いながら、楽しく給水しました。

  • #3

    kaorun (金曜日, 03 12月 2010 17:33)

    4時に起床、お餅(3つ)、豆乳、青汁、もずくの朝食。バスの中でおにぎり2つ食べて、会場についたらさらに持ってきた切り餅を2つも食べる。もう腹いっぱいだ。まさまさと私は☆チームの陣地にいたので、アップがてらpiroshiさん、BABOLATさん、もひちんさん、チンピラさんにご挨拶。

    いよいよスタート。まさまさと同じスタート位置に立てずお別れ(涙)。もちろん☆チームのメンバーはみんな陸連登録者ゾーンのABブロック。超さみしくひとりDブロックへ。銀杏並木がとても綺麗で、帰って来る頃は銀杏どころじゃないんだろうなと思って走り出す。5キロまで走って、少し遅く感じたがペースUPを我慢我慢。たしか5キロ過ぎた所で見たことのある後ろ姿があり、7nekoさん。声掛け合っていく。
    この頃からやばい・・・、こんな時に限ってトイレに行きたい・・。我慢できるかな、どうかな・・の繰り返しでコンビニがあったら入ろうと東京マラソンの感覚でトイレを探す。結局10キロまで仮設トイレのみでコンビニなし。我慢しようかと思ったけど、
    「青汁なんか飲むからや!出るモンは出るんや!」
    「漏らしてサブ4達成するより漏らさずに完走」
    「あと3時間くらいあるのに我慢できないでしょ、行くなら今よ!」
    と、心の声が聞こえて10キロ直後に仮設トイレに駆け込む。並んだ時間も含めて(←ここ強調)6分のtime loss。トイレでスッキリし、出てみるとトイレ渋滞引き起こしてた。皆さん、ごめんナサイ。そこからは「あ~無理かな~」と一瞬思ったけど、足も痛くないし体も軽くなったし行けるとこまで行こうと決めて、走り出す。途中でもひちんさんに会って声をかけずにジーッと見つめていたが、なかなか気がつかず。真面目な顔して走っていたもひちんさんが新鮮だった。
    ◆harf: 1'56'16
    ハーフまでこのタイムやばいかも・・と焦るがここでペースUPすると30キロから失速するとにらむ。25キロ地点あたりからいいペースの背の高い黄色のシャツを着たあんちゃんとずっと一緒に走る。見事にそのあんちゃんとペースが合ってた!この頃から集中できなくなるので人を探さなくなる(piroshiさんごめんなさい)30キロ過ぎから、「よしっ。ここから本番!」と思い、また35キロ地点で応援してると言ってくれた人がいて、35キロいけばその人に会える!と思い黙々と走る。35キロ過ぎてマイスターの仲間の応援があり、ちょっとした坂を下りた36キロ地点であの人に会えた!なんと自転車を持ってきてゴール手前競技場前までずっと併走してくれた。感動で涙でそう。黄色のシャツのあんちゃんはいつの間にか抜かした様子。。36キロ過ぎたあたりから足が重くなり、今度は左足の甲の横がピキっときて、まさか・・と思ったが気のせい気のせい!と思ってロキソニンを飲む。40キロ過ぎたあたりが一番きつかったがどうしてもグロスで45分切りたかったし、距離表示の「あきらめたらそこで試合終了ですよ」と安西先生の言葉を思い出す。銀杏並木の中、涙が出そうになるがこらえてゴールだけを見た。
    ◆GOAL: 3'47'03(11'27)
    ◆後半 1'50'51
    ゴールした後は、最初で最後のサブ4達成なのに、嬉しくなかった。
    ゲストランナーのダンディ坂野がゴールしようとしてたけど、見に行かなかった。(多分私だけじゃないはず)
    だけど、つくばが終わり数日経つと、それなりに頑張ったのでヨシとしようと思えるようになった。タイム自体は自分の問題だけど、今年のフルマラソンは去年と違ってたくさんの仲間と走れ&励まし合っていけたことが私にとって大きなことだった。とても楽しかった!マラソンを通じて、たくさんの仲間と出会えたことが一番の収穫。

    大会自体は、以下3点がよかったのでまた来年も走りたいなあと思う。
    ①ゼッケン受け取りがないからVery Good(前もって郵送あり)
    ②折り返しがある為、仲間と会える
    ③ほぼフラットで走りやすい、紅葉が綺麗

  • #4

    くりふ (土曜日, 04 12月 2010 22:00)

    つくばマラソンに参加してきました~!

    つくばマラソンは昨年自己ベストが出た相性が良い大会。今年の本気レースとして位置づけ、レース前一週間で最終調整してきました。土曜日は4キロジョグ+1キロ(キロ3:55)走って調整を終えました。

    水曜日から炭水化物の摂取を多めに、特にランチでは定食を大盛りにし、土曜日はパスタ2人前を食べてカーボローディングをしました。当日朝は、パン+お餅2個+カロリーメイトでエネルギー切れ対策を実施。

    今日の目標は3時間10分切り。
    3時間10分を切るためには
    ①安全ケース:キロ4分30(この場合だとフル3時間9分53秒)
    ②後半のばてを考慮したケース:キロ4分25秒でばてるまで走る(フル3時間6分22秒)
    という2つのケースを想定して、左手には①のケース、右手に②のケースのラップ(10キロごと)をマジックで書いてレースに備えました。

    昨年は雨が降ったので、寒かったのですが、今日は快晴。紅葉も綺麗でちょっと走ると汗をかくような日でした。

    いつもは行けるだけ行って最後にばてる。というケースを繰り返していたのですが、今日のキーワードは「スピードを上げたくても我慢」することを心がけて1キロ4分27秒ペース(①、②の間のペース)で走りました。

    最初から25キロまでは同じ位のタイムを狙う方(FRUNに所属)と一緒に走りました。時々話をしながら、4分20-30秒位で気持ちよく走りました。23キロすぎに若干タイムが遅くなりはじめた(4分33、34秒)のでお互いに若干スピードアップ。
    折り返し地点後にいろいろな方と声をかけあうことができて良かったです(ケセラの方も探しましたが、見つからず。。。)。その後、26-27キロ地点でFRUNの方と別れてからは4分20秒台前半にスピードアップして走りました。ロングスパートが早かったので、39キロ地点で4分40秒台まで失速。ここでめげては3時間10分を切れないと思ったのであとは気合いで走りました。記録はこれまでの自己ベストを5分更新する3時間8分台。ついに10分切りとなりました!ボランティアや応援の方々の声援も力になりました。

    それにしてもランナーが多いです。ケセラの方々や友人、FRUN、野川関係の方も探しましたが、全然見つけられませんでした。見つけられるともっと楽しくなりそうです!また、大学の友人や他の走り仲間はフルマラソン後に別の予定が入っているとのこと。その体力はすごいものです!

    LAP
    5km:0:22:24
    10km:0:44:48(22:24)
    15km:1:07:30(22:25)
    20km:1:29:16(22:13)
    25km:1:51:56(22:40)
    30km:2:13:45(21:49)
    35km:2:36:24(22:39)
    40km:2:58:29(22:05)
    GOAL:3:08:34

    次の本気レースは別府大分マラソン。東京マラソンはファンランにします!

  • #5

    中川真希子(クリスティ) (日曜日, 05 12月 2010 15:42)

    つくばで初フルは走ってきました~。
    1週間前から緊張状態でしたが、当日には開き直って落ち着いて臨めました。寒いかと思いきや暑く、苦しいレースになるなと思いました。
    ハーフを過ぎたらもう疲労に襲われ始め、あと半分あると思うだけで気が遠くなりかけましたが、ハーフでpiroshiさんに会い、「このままのペースで30キロまでいけばサブフォーいけるよ~。30キロ以降は根性で走るんだよ~。高尾陣馬の事を思い出せばがんばれるよ!じゃあね~」とpiroshiさんはピューと駆け抜けていきました。私は今のペース5分30秒/㎞~5分40秒/㎞で30キロまでいけるわけもないと分かっていたのでとにかく気合でいけるところまで行くしかないと思いました。
    25キロ~35キロまでは苦しすぎて記憶が定かでありません。
    途中、4時間のペースメーカと、チンピラ銀行員さんに抜かれ、もはやサブフォーは無理だと思ったら苦しくて歩きたい、やめたいの衝動との戦い。
    でも35キロ地点ではあみかなのミリアムさんとnagちゃんが居てくれるはずだからそこまでは何とか頑張ろうと踏ん張りました。
    35キロでは二人に応援されながら、坂をなんとか走って登りました。
    その後は落ちていたペースが少しだけ戻りました。ヘロヘロになりながら大学内を走っていたらパピヨンさんといちごちゃんが応援してくれていました。
    サブフォーは達成できませんでしたが、給水地点以外では歩かず、止まらず無事完走できた安堵感と達成感で、ゴールしたら涙がポロポロ出てきました。
    この気持ちを忘れずに、次のレース(湘南国際)も頑張りたいです。