2011-12-03 早稲田駅伝

 早稲田大学が、復興チャリティーイベントとして、国立競技場を会場にして、駅伝大会を開催した。早稲田大学の現役やOBを集め、そして、一般からの参加もありということで、ケセラーズからも2組参加した。

 

・ケセラAチーム・明日に向かって:加藤→瓦林→吉井→志鷹

・ケセラBチーム・走る阿呆はやめられん:鎌田妹→後藤→鎌田姉→瀧花

 

 朝、10時30分に集合、午前中はスタンドで、大隅ランなどの他のランナーの走っているのを観戦しながら、築地・鳥藤のお弁当を美味しく頂いておりました。グランドは、篠突く雨。この中を走るのかなと、雨に備え、寒さにどう備えるかと算段をしていました。

 

 12時を過ぎて、駅伝の部の開催。スタートする頃には雨はほとんど上がってしまいました。これはまさに奇跡。そして、第一走者スタート。早稲田の現役や駅伝のOBなど、ガンガンと走っていく人たちと、ファンランで走る人たちの混成の集団が国立競技場のグランドを回って、競技場のスタンド下のコースへ出ていく。スタンド下を走ってまたグランドに入ってきて、1周1.5キロの周回コース。途中、スタンド下へのアップダウンがあって、なかなか走りにくいコースになっている。

 

 第一走者から襷をもらって、ゆっくり走るつもりが、駅伝となればなんとなくのんびりも出来ず、自分のペースを見失って、オーバーペースで入って、最後まで持たないで、次にタスキを繋いでしまいました。

 

 走ってみれば、あっという間に第4走者。アンカーをグランドで迎えて、記念写真。早稲田の応援団、応援歌、校歌など、早稲田に満ちた一日、堪能しました。